Shopifyアプリ

Excelifyとは?特徴・メリット・デメリット・使い方を徹底解説!【他のネットショプからShopifyへのデータ移行を効率化】

悩んでる人

他のネットショップからShopifyにストアデータを移行するときExcelifyがおすすめって聞いたけど、どんなアプリなの…?

特徴や機能とか、メリット・デメリットが知りたい…!

こんにちは!Shopifyなどのネットショップサイト制作と集客・改善支援をしております、スズコー(@vietl)です。

今回は上記の疑問を解決する記事をまとめてみました。

本記事を読むメリット
  • Excelifyの特徴・メリット・デメリットなど詳しく分かる
  • Excelifyはどんな人におすすめのアプリか分かる
  • Excelifyのインストールと初期設定の手順が分かる
  • Exfelifyの使い方が分かる

この記事を読むことでこんなメリットがあるので、ぜひ参考にしてみてください!

Excelifyとは?

Excelify(エクセリファイ)とは、ラトビアのExcelify.ioが開発した、データのエクスポート・インポートがスムーズに行えるShopifyアプリです。

日本市場向けにも対応していて、日本でのユーザーも多いアプリとなっています。

Excelifyの特徴・機能

Excelifyの大きな特徴としては、他のネットショップからShopifyへのデータ移行に特化していることがあげられます。

主な機能は以下の通りです。

他のネットショップからのデータ移行

BASEやEC-CUBE、Future shopなど他のネットショップからShopifyへストアのデータを移行できます。

CSVファイルだけでなく、ExcelやGoogleスプレッドシートもデータ移行に利用できるのが特徴です。

アプリを利用するだけで大量のデータを一括で移行可能なので、とても便利です。

商品・カテゴリ登録や画像・タグの追加

Excelifyを使えば、新しい商品やカテゴリの登録、また画像のアップロードやタグの追加ができます。

商品・注文データの定期出力

ストアの

  • 商品データ
  • 注文データ

のインポート・エクスポートを定期で自動出力してくれます。

そのため、手動で上記のデータを管理する必要がなくなり、時間の削減が可能です。

Excelifyでインポート・エクスポートできるデータ

Excelifyでインポート・エクスポートできるデータは以下の通り。

  • 商品データ
  • コレクション(カテゴリ)
  • 顧客データ
  • 注文データ
  • 下書き注文
  • クーポン
  • ページ
  • 記事
  • 301リダイレクト
  • ストア設定情報

また、エクスポートのみできるデータは以下となっています。

  • Shopify ペイメントからの入金情報
  • アクティビティ

これだけのデータをアプリ1つで一括出力できるため、Excelifyは非常に便利なアプリです。

Excelifyの料金

Excelifyには4つのプランが用意されていて、料金はそれぞれ以下の通りです。

プランそれぞれの違いを以下で解説しますね。

主に扱えるデータ量による違いとなります。

DEMOプラン

DEMO(デモ)プランは、無料で利用できるプランです。

扱えるデータ量
  • 商品:10
  • コレクション:10
  • 顧客:10
  • 割引:10
  • 注文:10
  • 支払い:10
  • ページ:10 
  • リダイレクト:10など

扱えるデータ量は少ないため、トライアルとしてまずこのプランを試しに利用し、その後以下で紹介する有料プランに切り替えるのが無難です。

BASICプラン

BASIC(ベーシック)プランは、月額20米ドルの利用料金となります。

扱えるデータ量
  • 商品:5,000
  • コレクション:300
  • 顧客:2,000
  • 割引:300
  • 注文:1,000
  • 支払い:366
  • ページ:50
  • リダイレクト:10,000など

無料のDEMOプランと比べると扱えるデータ量が圧倒的に増えますね。

小さめのオンラインストアであれば、このプランを利用すると良いでしょう。

BIGプラン

月額50米ドルのBIG(ビッグ)プランになると、さらに扱えるデータ量が増えます。

扱えるデータ量
  • 商品:50,000
  • コレクション:3,000
  • 顧客:20,000
  • 割引:3,000
  • 注文:10,000
  • 支払い:3,660
  • ページ:500
  • リダイレクト:100,000など

BASICプランと比べて10倍程度増えますね。

ENTERPRISEプラン

ENTERPRISE(エンタープライズ)プランは、月額200米ドルと最も高額のプランとなり、大規模なネットショップをお使いの方におすすめです。

扱えるデータ量は全て無制限となり、さらにデータのアップロードスピードが他のプランと比べて10倍と劇的に速くなります。

Excelifyのメリット

Excelifyのメリットを以下で紹介します。

Shopifyへのストアデータ移行が劇的に効率化する

何よりも、他ネットショップからShopifyへのデータ移行が劇的に効率化することが大きなメリットです。

他の移行アプリと比較しても機能性に優れているため、データ移行時にはもはや必須とも言えるアプリとなります。

ストアのデータをコピーできる

ストアのデータをコピーして複製ができる点も、地味にメリットです。

例えば、海外向けに新しくネットショップを展開したい時などに、ストアのコピーをすぐに作成できます。

そのため、事業拡大がスムーズに行え、大幅な時間の節約も可能となります。

日本語のサポートがある

日本向けに対応しているため、日本語のサポートがあります。

日本語サポートのないShopifyアプリも多数あるなかで、この点はExcelifyのメリットと言えるでしょう。

Excelifyのデメリット

一方で、Excelifyのデメリットは以下となります。

設定は基本的に英語

日本語のサポートはありますが、設定に関しては基本的に英語で行う必要があります。

英語に不慣れな方だと、設定時に苦労するかもしれません。

ただし、日本語への対応は徐々に進んでいるため、今後はフルで対応する可能性があります。

データ量が多いと移行に時間がかかる

これは致し方ない面もありますが、データ量が多いほどその分データ移行時に時間を要します

もしデータ量が多い場合は、データのアップロードスピードが10倍速になるENTERPRISEプラン(月額200米ドル)を利用することをおすすめします。

Excelifyはこんな人におすすめ

上記のメリット・デメリットを踏まえると、Excelifyは以下の人におすすめのアプリです。

  • BASEなど他のネットショップからShopifyにストアデータを移行したい人
  • 上記のストア移行を代行する人(エンジニアなど)
  • データ移行をできる限り日本向けに対応したもので行いたい人

Excelifyのインストール手順と初期設定

ここからは、Excelifyのインストールと初期設定を手順を追って解説します。

まずはShopifyのダッシュボードにアクセスし、「アプリ管理」→「Shopifyアプリストアに行く」と移動しましょう。

Shopifyのアプリストアから「Excelify」と検索し、クリックします。

遷移先で、「Add app」のボタンをクリックしましょう。

最後に確認画面が表示されるので、「アプリをインストール」をクリックすればインストールは完了となります。

インストール完了後は以下の画面が表示されます。

利用条件やプライバシー、クッキーに関する確認で、問題がなければ「Approve」をクリックしましょう。

以下の画面が表示されればOKです。

Excelifyの使い方

Excelifyの使い方として、

の方法を解説します。

詳しくは以下の公式ページが参考になるので、こちらも合わせてご参考ください。

Shopifyからエクスポート

Shopifyからデータをエクスポートする手順は、とても簡単です。

まずはアプリ管理からExcelifyを開き、Exportの項目にある「New Export」をクリックします。

遷移先で

  • 出力データのフォーマット
  • エクスポートしたいデータの種類

を選択します。

Optionsではスケジュールやカスタムファイル名の指定など、さらに細かい設定が可能です。

上記設定が終わったら右下の「Export」をクリックすることで、エクスポートが開始されます。

Shopifyへのインポート

Shopifyへのデータのインポートは、まずImportの項目から「Add file」をクリックしてデータをインポートします。

インポート可能なファイルは

  • CSV
  • Excel
  • Googleスプレッドシート

などとなっています。

インポートが開始される前にデータの種類、またそれらの

  • 個数
  • インポートに要する時間

が以下画像の通り表示されます。

下にスクロールするとOptionsの項目があり、細かい設定が行えます。

設定の内容については以下をご参考ください。

設定が完了したら、右下の「Import」をクリックしてインポートを開始しましょう。

以下はインポート実行時の画面です。

インポートが完了すると、以下の画面が表示されます。

今回はExcelify公式のサンプルデータをインポートしているのですが、DEMO(無料)プランのため全てのデータはインポートできてない状態となっています。

ちなみに、インポートしたデータは「Download Import Results」をクリックすることで、出力が可能です。

インポートした商品データの編集は、ダッシュボードの「商品管理」から行えます。

商品が追加されているはずなので、必要に応じてこちらから編集を行いましょう。

Excelify公式のサンプルデータでは、飛行機が商品データとなってます。

まとめ

今回は、Shopifyでおすすめのデータ移行アプリ「Excelify」について紹介しました。

BASEやEC-CUBE、Future shopなど、他のネットショップからShopifyへのストア移行を行う際に、データ移行をスムーズにしてくれる便利なアプリです。

日本向けに対応もされているので、その点もご安心を。

Shopifyへのストア移行を予定されている方は、今回紹介したExcelifyの利用をぜひ検討してみてください。

もちろん、記事の内容に関するご質問や、ご相談などありましたら可能な限り応じますので、気になった方はお気軽にご相談ください

ABOUT ME
スズコー
個人でEC / Webエンジニア・ディレクターをさせていただいております。

EC / Web業界は13年目。
某有機野菜の食材販売のEC運営会社でWebコーダー兼総務兼なんでも屋 → 某EC / Webシステム開発会社のベトナム開発拠点立ち上げ開発エンジニア・PM → 某東証一部上場EC総合ソリューション企業(自社ECパッケージが中堅企業・大手企業様導入シェアNo.1)でWebディレクターとして数々の大手・中堅企業様の大規模EC / Webサイト構築と、集客・改善支援による売上拡大を経験。

これまで関わったサイト構築・運用案件は、80サイト以上。
その中で、もっとも大きな成果を上げたお客様のPC + スマホの売上高は、2019年時点で600億円以上にまで成長。

現在は、国内で数社しかない某Shopify Plusパートナー会社様や小売事業会社様と一緒に20サイト近くのテーマ開発やアプリ実装、ブランディング等の集客・改善支援に従事。
あるスタートアップ会社様と一緒にエンジニア教育事業開発・運営もしています。