Shopifyアプリ

【Shopify】メールマーケティング機能実装方法と使い方【Klaviyoがオススメ】

悩んでる人

Shopifyでメールマーケティングをやりたいんだけど、何か良い方法はないかな?

聞いたところKlaviyoってやつが良いみたいなんだけど、設定や使い方について詳しく知りたい…。

こんな疑問にお答えしていきます。

こんにちは!Shopifyなどのオンラインショップサイト制作と集客・改善支援をしております、スズコー(@vietl)です。

この記事ではShopifyでKlaviyoを使ってメールマーケティングを行う方法と、その設定方法を紹介していきます。

Klaviyoとは?

Klaviyoとは、Shopifyでメルマガなどを利用したメールマーケティングを簡略化・自動化できるアプリです。

メール配信のルール(FLOW)をあらかじめ設定する事で、顧客のアクションに応じてメールやSMSを送り、マーケティング施策を行うことができます。

ユーザーからの評価が高く、レビュー評価が4.3、レビュー数が1007レビューもあるのと(2020年8月時点)、アプリ自体の導入も簡単なので、非常におすすめのアプリと言えます。

特徴

Klaviyoの特徴とまとめると、以下の通りです。

  • 国産CRMに比べて安価で利用ができる
  • Shopifyとの連携が比較的容易
  • Shopifyの他アプリとの連携も可能
  • メルマガのデザインテンプレートが豊富
  • パーソナライズされたメールマーケティング(ステップメール)が行える
  • 機会損失の対応も可能
  • アナリティクス機能が便利

使用例

Klaviyoの上記の機能を使うことで、具体的に何ができるかというと、たとえば以下のようなキャンペーン施策や、マーケティングに活かせる効果測定ができるようになります。

  • 様々な用途のクーポンを用意して、そのクーポンを受け取るユーザーの条件や、クーポンの締切日などを詳細に設定することで、パーソナライズされたクーポンメールを自動的に配信
  • 配信したメール経由で、実際に売上がでたメールとそうでないメールをもとに平均売上を割り出したり、メールが開封された件数、メールからのクリック率などを効果測定
  • 前に在庫切れの商品を見たユーザーなどに、その商品が購入できるようなった時に、再入荷の連絡メールを自動的に配信

料金

Klaviyoは初回無料で利用できるアプリとなり、利用料金も宛先250件の登録と500通のメール送信までは無料で、課金されません(2020年8月時点)。

課金されるようになると、料金は以下の通りとなります。

  • メールの送信:0.3米ドル/1件
  • SMSの送信:0.1米ドル/1件

完全無料でインストールから利用開始まで行え、非課金の状態でも豊富にマーケティング施策を行えるようになっているので、ユーザーにとってもメリットの大きいアプリと言えるでしょう。

Klaviyoの初期設定方法

Klaviyoの初期設定方法を以下で解説します。

①アプリ管理からKlaviyoをインストール

まずはダッシュボードの「アプリ管理」から「Shopifyアプリストアに行く」をクリックします。

検索ボックスに「Klaviyo」と入力しましょう。

「Klaviyo: Marketing Automation」という名前のアプリケーションがあると思うので、こちらをクリックします。

続いて、「Add app」の青いボタンをクリックしましょう。

内容を確認して、「アプリをインストール」をクリックします。

② Klaviyoの新規アカウント登録を行う

Klaviyoのインストールが完了すると、以下の通り新規アカウント登録の画面に移ります。

ここでは

  1. 管理者名
  2. ShopifyアカウントのURL
  3. ShopifyアカウントのサイトURL
  4. 電話番号
  5. Eメールアドレス
  6. パスワード
  7. 質問①「どれくらい顧客がいるか?」
  8. 質問②「どのプロダクトに関心があるか?」

を入力して「Gat Started」をクリックすればOKです。

アカウントの登録が完了したらメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

③ KlaviyoとShopifyを連携する

初回のログインを行うと「Welcome to Klaviyo」の画面が表示されます。

ここからさらに英語でKlaviyoとShopifyに連携する設定を行いますが、難しくないのでご安心を。

まずは、お使いのShopifyサイトのURLを入力し、ビジネスカテゴリーとEコマースプラットフォームを選択して「Continue」をクリックします。

以下の画面では、ShopifyストアのURLを再度入力して「Connect Shopify account」をクリックすればOKです。

以下の画面が表示されたら、KlaviyoとShopifyの連携が完了したことになります。

④ その他の設定を行う

KlaviyoとShopifyの連携ができたら、あとは諸々の設定を最後に行います。

まずは、2つの項目にチェックを入れます。

1つ目は「What brings you to Klaviyo?(Klaviyoを使う理由は何ですか?)」という設問で、

  • I’m just curious and not looking for new software
    気になってるだけでソフトウェアは探してない
  • I’m researching alternatives to what I have now
    今持っている代替案について調べている
  • I want to start email marketing
    メールマーケティングを始めたい
  • I’m evaluating for someone else
    他の誰かを評価する

という選択肢があるので、いずれかにチェックを入れます。

2つ目は「How much are you selling online annually?(年間どれくらいオンライン販売を行いますか?)」という設問で、それぞれドル価格での選択肢があるので、1番当てはまるものにチェックを入れましょう。

それぞれチェックを入れたら、「Continue」をクリックします。

すると、以下の画面に遷移します。

こちらは

  1. 会社名
  2. Eメールアドレス
  3. 住所

をそれぞれShopifyに登録してあるものを入力しましょう。

最後にロゴを登録する項目に移ります。

こちらは後からでも登録できるので、今は適当でも構いません。

ロゴ登録の対応を終え、以下の画面が表示されたら、初期設定は完了となります。

ここまでお疲れ様でした。

Klaviyoの使い方

ここからはKlaviyoの使い方について、代表的なものを簡単に紹介します。

キャンペーンを作成する

メールマーケティングを行うキャンペーン(Campaign)をそれぞれ作成し、顧客リストごとに送信ができます。

キャンペーンの作成手順は、まずShopifyのアプリ管理からKlaviyoのダッシュボードに移動し、「Campaigns」→「Create Campaign」と移動することで作成ができます。

設定では細かく

  • スマート送信を行うか
  • UTMトラッキングを行うか
  • 予約送信するかすぐに送信するか

などの設定も行えます。

フローを設定する

フロー(Flow)を設定することで、ユーザーの行動パターンに応じて自動でメールの送信回数を調整したり送信時間を決定したりと、適切なマーケティング施策を行えます。

フローの具体的な設定は、Klaviyoのダッシュボードから「Flow」→「Create Flow」と移動して行います。

設定できるパターンは豊富なので、ターゲットに合わせてパターンの調整を適宜行うようにしましょう。

メールテンプレートを作成する

Klaviyoでは、プロが手掛けた豊富なテンプレートからブランド化されたおしゃれなEメールを作成することができます。

こちらはKlaviyoのダッシュボードから「Email Templates」→「Create Template」と移動すると、テンプレートからメールの作成可能です。

テンプレートは独自にカスタマイズが可能で、ドラッグ&ドロップで直感的に操作して編集ができるので、デザインの知識があまりない人でも扱いやすいです。

リスト・セグメントを作成する

Klaviyoでリスト(List)およびセグメント(Segment)の作成ができます。

これらを行うことで、メールマーケティングをより強固で効果的なものにすることが可能です。

手順としては、Klaviyoのダッシュボードから「Lists & Segments」→「Create Lists / Segment」と移動して作成を行います。

リストとセグメントでそれぞれ設定ができるので、それぞれ作成するようにしましょう。

ちなみに、リストとセグメントの使い分けは以下の通りです。

  • リスト:外部にある顧客情報を利用したい場合や、既にある顧客情報をさらに細分化したもの(顧客リスト)を作成したい場合に使う
  • セグメント:顧客の行動パターンを元に適切なメールマーケティング施策を行いたい場合に使う

具体的に言うと、リストに関しては、顧客情報を元に手動でリスト化して分類を行うといった認識でOKです。

セグメントに関しては、例えば「5回以上注文を行った顧客」や「10,000円以上購入した顧客」をセグメント(区切るの意味)し、LTV(顧客生涯価値)の高そうな顧客としてカテゴリー分けして個別のメールマーケティングを行うといったことができます。

まとめ

以上、Klaviyoの詳細と設定方法・使い方について簡潔にまとめました。

Klaviyoを使うことでメルマガをテンプレートから簡単に作成したり、メールマーケティングを自動化したりできます。

最初は無料で利用ができるので、利用のハードルが低い点も魅力ですね。

Klaviyoで設定できるフローやセグメントなどをうまく活用すると、顧客の行動パターンに応じて最適なメールマーケティングが行え、売上を最大化することができるので、ぜひこの機会に試してみてください。

ABOUT ME
スズコー
個人でEC / Webエンジニア・ディレクターをさせていただいております。

EC / Web業界は13年目。
某有機野菜の食材販売のEC運営会社でWebコーダー兼総務兼なんでも屋 → 某EC / Webシステム開発会社のベトナム開発拠点立ち上げ開発エンジニア・PM → 某東証一部上場EC総合ソリューション企業(自社ECパッケージが中堅企業・大手企業様導入シェアNo.1)でWebディレクターとして数々の大手・中堅企業様の大規模EC / Webサイト構築と、集客・改善支援による売上拡大を経験。

これまで関わったサイト構築・運用案件は、80サイト以上。
その中で、もっとも大きな成果を上げたお客様のPC + スマホの売上高は、2019年時点で600億円以上にまで成長。

現在は、国内で数社しかない某Shopify Plusパートナー会社様や小売事業会社様と一緒に20サイト近くのテーマ開発やアプリ実装、ブランディング等の集客・改善支援に従事。
あるスタートアップ会社様と一緒にエンジニア教育事業開発・運営もしています。