Shopifyアプリ

Shopifyアプリ「ReCharge」のサブスク機能実装方法とその使い方【Shopify二大サブスクアプリ!】

ReChargeのアイキャッチ画像
悩んでる人

Shopifyで定期購入の設定ができるようになるReChargeっていうアプリについて詳しく知りたいな…。

こんな疑問にお答えしていきます。

こんにちは!Shopifyなどのオンラインストア制作と集客・改善支援をしております、スズコー(@vietl)です。

最近のオンラインストアでは食品や化粧品、飲料などの定期購入(サブスク)販売を実施している事例が増えています。主な理由としては、リピートユーザーの獲得をすることで継続的に収益が安定、そして月々の売上予測がたてやすいなどのメリットが期待できるからです。

Shopifyで定期購入の設定が行えるアプリは、Bold Subscriptionsがありますが、ReChargeというアプリでも同様の設定を行うことができます。

この2つのアプリは、現在Shopifyアプリの中では二大サブスクアプリとして知られています。

ReChargeは、他のアプリとの連携に相性が良いなど、いくつかメリットがあります。

今回は

  • ReChargeとはどんなアプリか?
  • ReChargeの設定方法と使い方

について詳しく解説をしていきます。

ReChargeとは?

ReCharge(リチャージ)とは、Shopifyで定期購入を可能にするアプリのことです。

正式名称は「Subscriptons by ReCharge」ですが、長いので「ReCharge」と呼ばれることが多いです。

Shopifyの顧客アカウントやチェックフローなどとの連携ができ、他のアプリとも相性が良いのが大きな特徴です。

また、ReChargeは自動化機能も優れており、具体的には以下のサービスを自動化することができます。

  • サンプルと無料トライアルの提供
  • 最初の注文またはリピート注文の際の割引
  • 無料トライアル終了時の有料サブスクリプションへの変更

連携可能なサービス

ReChargeはサブスクリプション専業のアプリメーカーなので、以下の様々なサービスとの連携が可能となっています。

  • CartHook
  • Churnbuster
  • Glew.io
  • Google Analytics
  • Gorgias
  • Klaviyo
  • LeadDyno
  • Littledata
  • Loqate
  • LoyaltyLion
  • MailChimp
  • Octane AI
  • One Click Upsell
  • Product Customizer
  • ReferralCandy
  • Refersion
  • Smile.io
  • Sublytics
  • Submetrics
  • Swell
  • Tradegecko
  • Ultimate Upsell
  • Zapier

利用料金

ReChargeの利用料金は以下となってます。

  • スタンダードプラン:月額39.99米ドル + 取引ごとに1% + 5セントの手数料) ※最初は無料
  • プロプラン:月額300米ドル + 取引ごとに1% + 19セントの手数料)

スタンダードプランの場合、10万米ドル(約1,000万円)の商取引が行われるまでは無料で利用ができます。

対応言語

ReChargeは日本語に対応しています。

ただし、細かな設定を行う場合は英語で情報を得る必要がまだまだあります。

活用事例

ReChargeを活用しているサイトの事例をいくつか紹介します。

参考サイト

ReChargeの初期設定方法

ReChargeのインストールと初期設定の方法について以下で詳しく解説します。

①:アプリ管理からReChargeをインストール

まずはダッシュボードの「アプリ管理」から「Shopfyアプリストアに行く」をクリックしましょう。

検索ボックスに「ReCharge」と入力します。

すると、「Subscriptions by ReCharge」と書かれた水色のアイコンがあるので、こちらをクリックします。

すると、以下の画面が表示されるので、「Add app」をクリックしましょう。

インストールの確認画面に移るので、詳細を確認して問題がなければ右下の「アプリをインストール」をクリックします。

以上でReChargeのインストールは完了となります。

②:初期設定を行う

ReChargeのインストールが完了したら、続いて定期購入の初期設定を画面に切り替わります。

まずはいくつかの用意された設問を英語で回答していきます。

日本語に訳して解説していくので、1つずつこなしていってくださいね。

ABOUT ME
スズコー
個人でEC / Webエンジニア・ディレクターをさせていただいております。

EC / Web業界は10年目。
某有機野菜の食材販売のEC運営会社でWebコーダー兼総務兼なんでも屋 → 某EC / Webシステム開発会社のベトナム開発拠点立ち上げ開発エンジニア・PM → 某東証一部上場EC総合ソリューション企業(自社ECパッケージが中堅企業・大手企業様導入シェアNo.1)でWebディレクターとして数々の大手・中堅企業様の大規模EC / Webサイト構築と、集客・改善支援による売上拡大を経験。

これまで関わったサイト構築・運用案件は、80サイト以上。
その中で、もっとも大きな成果を上げたお客様のPC + スマホの売上高は、2019年時点で600億円以上にまで成長。

現在は、国内で数社しかない某Shopify Plusパートナー会社様や小売事業会社様と一緒に20サイト近くのテーマ開発やアプリ実装、ブランディング等の集客・改善支援に従事。
あるスタートアップ会社様と一緒にエンジニア教育事業開発・運営もしています。