Shopifyアプリ

Shopifyでドロップシッピングサイトを作る方法【Oberloで在庫なしで商品販売ができる!】

Shopify_Dropshipping_Apps
悩んでる人

在庫リスクが少なく商品販売できるドロップシッピング、おもしろそう…!

興味はあるんだけど、なんだか難しそうだな…。

手軽にサイト運営できる方法があれば教えて欲しい…!

こんな疑問にお答えしていきます。

こんにちは!ShopifyなどのECサイト制作と集客・改善支援をしております、スズコー(@vietl)です。

今回は上記の疑問を解決する記事を用意しました。

本記事を読むメリット
  • Shopifyでドロップシッピングを行うメリット・デメリットが分かる
  • Shopifyでオススメのドロップシッピングアプリ「Oberlo」の設定方法や使い方が分かる

この記事を読むことでこんなメリットがあるので、ぜひ参考にしてみてください!

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは、簡単に言うと「自分で作成したネットショップで他社の商品を販売し、売れたら紹介料をもらえるビジネス」のことです。

ネットショップの運営者(自分)が商品の取り扱いを行うメーカー(サプライヤー)と連携し、運営者が商品の宣伝を、サプライヤーが商品の発送業務を行います。

日本ではまだあまり知られていないドロップシッピングですが、近年注目を集めているECサイトプラットフォームのShopifyでは、専用のアプリを使って簡単に行うことができます。

ドロップシッピングのデメリット

一方、ドロップシッピングには以下のデメリットがあります。

商品の取り扱いが終了することがある

メーカー側の都合で商品の取り扱いが終了することがあります。

自分の商品を売るわけではないため、売っていた商品が急に売れなくなってしまうリスクがあることを念頭に置いておきましょう。

商品知識がない状態で売るとトラブルの元になる

商品知識がない状態で商品を売った場合、クレームなどのトラブルの元になります。

自分が商品を知らない状態で物を売るのはリスクが高く、また購入者側からしたら好ましくない行為に当たります。

なので、ドロップシッピングで商品販売を行う際は、事前に自分で商品を購入してから始めるのが推奨されます。

集客をしないといけない

ドロップシッピングは在庫リスクがなく、商品の仕入れや配送といった面倒な作業は自分で行う必要がありませんが、商品を売るために必要な集客は自分で行わないといけません

正直言うと、この集客がネットショップ運営において最初で1番重要となる課題です。

うまく売上を出すために様々なマーケティング手法を試し、効果測定をしてPDCAを回していく必要があり、正直かなり大変な部分でもあります。

ネットショップの集客方法としては、

  • メールマーケティング(メルマガ)
  • 広告運用
  • SEO
  • SNS

などが代表的です。

また、Shopifyは販売チャネル機能が充実していて、FacebookやInstagramとの連携や購入ボタンの作成が容易なので、こちらも活用すると良いです。

Shopifyの集客に関する記事は以下がありますので、こちらも適宜参考にしていただき、ドロップシッピング販売の成果向上に活かしてみてください!

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングを行うメリットは以下の通りです。

在庫リスクの心配がない

ドロップシッピングでは、商品の在庫管理はメーカー側が全て対応します。

そのため、ストアの運営者には倉庫や自宅に商品を置いておく必要がなく、在庫リスクの心配が一切ありません

仕入れや配送の手間が一切かからない

また、商品の仕入れや配送といった面倒な業務もメーカー側が行うので、こちらもストア運営者には一切の負担がありません

ストア運営者の役割はサイトを立ち上げ、商品が売れる仕組み作りをすればいいだけ。

すなわち、ネットショップ運営において手間となる部分は、Oberloが解決してくれるわけですね。

ネットショップ運営の経験に役立つ

ドロップシッピングは自分の商品を持っていない人でも、初期費用をかけずにネットショップ運営を始められます。

仕入れ・配送以外のネットショップ運営の具体的な流れを実体験ベースで学べるので、たとえばネットで商品が売れるまでの集客の方法や興味を持ってもらう売り方、リピーターとして商品を再購入してもらう施策など、様々なマーケティングを実践することができます。

ShopifyでドロップシッピングをするならOberloがオススメ

Shopifyでドロップシッピング販売サイトを構築する際、Oberlo(オーベルロ)というアプリを使うのがオススメです。

Oberloのメリット・デメリットは以下となります。

メリット
  • Ali Expressの商品のドロップシッピング販売が可能
  • 紹介できる商品の種類が豊富
  • ワンクリックで簡単に商品登録ができる
  • 無料プランがある

デメリット
  • 設定は英語が必要になる場合あり
  • 商品の日本語訳が完璧でない
  • 商品単価が比較的高め
  • 中国発送で、商品の注文から自宅に届くまでの期間が長い(クレームの原因になる)

中国版Amazonと言われているAli Expressのドロップシッピングが行えるのが最大の特徴です。

アプリの設定や使い方も簡単で、無料プランがある(有料プランは月額7.9米ドル〜)ので最初は無料で始められます。

デメリットもありますが、手間をほとんどかけずにShopifyのドロップシッピング販売ができるようになるとても便利なアプリですね。

Oberloのインストール・設定方法

ここからは、Oberloのインストール・設定手順を解説します。

まずは、Shopifyのアプリストアにアクセスし、「Oberlo」と検索してアプリをクリックしましょう。

「アプリを追加する」をクリックします。

内容を確認し、「アプリをインストール」をクリックしましょう。

アプリのインストール後は、お使いのShopifyストアとOberloのアカウントを紐付けします。

Oberloアカウントを既にお持ちの方は「Log in with Oberlo account」からログインし、お持ちでない方は「Create new Oberlo account」からアカウントを作成しましょう。

新規でアカウントを作成する際は、Eメールアドレスとパスワードを入力し、「CREATE FREE ACCOUNT」をクリックすればOKです。

以下の項目は、利用開始前の簡単なアンケートになります。

適切なものを選択し、「ENTER OBERLO」をクリックしましょう。

ちなみに、ここはスキップすることも可能です。

以下の画面(Oberloのダッシュボード)が表示されたら、インストールと設定は完了です。

あとは必要に応じ、Stepに沿って設定をしていきましょう。

Oberloの使い方

続いて、Oberloの使い方について解説します。

商品を探す

まずはドロップシッピングで販売したい商品を探します。

ダッシュボードの「Find Products」から行え、Ali Expressで売られている多数の商品を検索可能です。

カテゴリーで絞って検索を行うこともできます。

ドロップシッピングでは商品選びが何より重要なので、くまなく探すと良いですね。

商品選びのポイントとして、レビュー評価が高くて、インポートとオーダーの実績が豊富な商品を選ぶようにすると、粗悪品に当たる確率が低くなります。

商品を追加する

売りたい商品を決めたら、商品を追加していきましょう。

ABOUT ME
スズコー
個人でEC / Webエンジニア・ディレクターをさせていただいております。

EC / Web業界は10年目。
某有機野菜の食材販売のEC運営会社でWebコーダー兼総務兼なんでも屋 → 某EC / Webシステム開発会社のベトナム開発拠点立ち上げ開発エンジニア・PM → 某東証一部上場EC総合ソリューション企業(自社ECパッケージが中堅企業・大手企業様導入シェアNo.1)でWebディレクターとして数々の大手・中堅企業様の大規模EC / Webサイト構築と、集客・改善支援による売上拡大を経験。

これまで関わったサイト構築・運用案件は、80サイト以上。
その中で、もっとも大きな成果を上げたお客様のPC + スマホの売上高は、2019年時点で600億円以上にまで成長。

現在は、国内で数社しかない某Shopify Plusパートナー会社様や小売事業会社様と一緒に20サイト近くのテーマ開発やアプリ実装、ブランディング等の集客・改善支援に従事。
あるスタートアップ会社様と一緒にエンジニア教育事業開発・運営もしています。