Shopifyアプリ

Shopifyのポップアップ機能の活用事例と実装方法3選【新規顧客獲得やリピート購入に有効!】

悩んでる人

Shopifyでポップアップの導入をしてみようかと思ってるけど、そもそもどんな時に利用できる機能なんだろ…?

ポップアップで良い活用事例とかないかな…。

おすすめの実装方法があれば知りたい!

こんにちは!Shopifyなどのネットショップサイト制作と集客・改善支援をしております、スズコー(@vietl)です。

今回は上記の疑問を解決する記事をまとめてみました。

本記事を読むメリット
  • Shopifyにおけるポップアップ機能の活用事例が分かる
  • Shopifyでおすすめのポップアップ系アプリが分かる

この記事を読むことでこんなメリットがあるので、ぜひ参考にしてみてください!

ポップアップとは?

ポップアップとは、Webサイトで使われる機能の1つである「ポップアップウィンドウ」の略です。

サイトのボタンやリンクをクリックした時などに画面の最前面に浮かび上がって表示されるウィンドウ(小さい画面)のことを表します。

英語でポップアップ(Pop-up)は、「突然起こる」「飛び出す」という意味があり、飛び出すようにウィンドウが表示されることからこの名前が付けられました。

Webサイトでは、

  • ログイン画面の表示
  • ユーザーにお得なキャンペーン情報を提供
  • 購入の意思の確認(カゴ落ち対策)

など、とりわけ重要でユーザーに見て欲しい項目を表示したい時にポップアップを使用することが多いです。

効果的な設置位置について

サイトにポップアップを表示させる際は、設置位置に配慮する必要があります。

適切な位置に設置しないと、ユーザーにとって使いづらくなり不快に感じてしまうことがあるからです。

例えば、コンテンツを閲覧しているユーザーに対しては、あまり邪魔にならないようサイトの右上や右下など角に表示させるのが一般的です。

ただし、サイトを離脱しようとするユーザーに対しては、離脱を防ぐためにポップアップを中央に設置するのも有効です。

また、表示サイズも小さすぎれば読みにくく大きすぎれば邪魔になるので、コンテンツ内容やユーザー心理を考慮したうえで適切なサイズ調整を行いましょう。

ABテストで効果測定を行おう

ポップアップを設置したら、ABテストによる効果測定を行うことが重要です。

ABテストとはマーケティング施策の1つで、パターンAとパターンBの2パターンのうち、どちらの施策が効果が出るかを比較するテストのことを言います。

ポップアップのレイアウトやテキストを複数パターン用意して日々データをチェックし、より成果の出るポップアップを選んで離脱率の低下や売上向上に繋げていきましょう。

Shopifyにおけるポップアップ機能の活用事例

Shopifyにおいても、ポップアップ機能を用いてユーザーに重要な情報を伝えることで、売上向上に役立てることができます。

以下で、Shopifyの代表的なポップアップ機能活用事例を紹介します。

キャンペーン

Shopifyストアで

  • 商品割引
  • 送料無料
  • ポイント還元アップ

といったキャンペーンを実施する際、ポップアップ機能を使ってユーザーにそれらの情報を伝えることができます。

顧客リストの獲得にも有効な施策で、例えばメルマガ登録者限定のキャンペーンを実施する事で、顧客のメールアドレスなどの個人情報を収集できます。

収集できると、次回以降もキャンペーンやお知らせをする際に役立つ顧客リストになるので大変有効な施策です。

クーポン

Shopifyストアを訪問したユーザーに商品割引や送料無料クーポンの情報を表示できて、商品の購入率アップに繋げられます。

また、初回限定でお得なクーポンを表示すれば、新規顧客の獲得も容易に行う事ができるので、継続顧客へと繋げることができるでしょう。

新規顧客、継続顧客の双方に有効な施策と言えますね。

カゴ落ち対策

オンラインストアにおいて、ユーザーがカートに商品を入れたまま購入せずに離脱してしまうことを「カゴ落ち」と言います。

カゴ落ちは購入率の低下に直結するので、Shopifyストアにおいても重要な対策項目となっています。

上記でも解説したキャンペーンやクーポン情報をポップアップで表示したり、商品がカゴに入ったままであることをポップアップで伝える事ができたりすることで、特にShopifyストア立ち上げ時期はカゴ落ち対策を忘れずに行うようにしましょう。

動画

Shopifyでは、動画をポップアップで表示可能です。

オンラインストアには、実際に商品を手に取って購入することができないデメリットがありますが、その解決策として商品の詳細や魅力などを詳しくユーザーに伝えるために動画が役立ちます。

たとえば、動画内に商品購入を促すボタンを設置することで、購入率の改善が期待できます。

Shopifyでおすすめのポップアップ系アプリ

ここからは、Shopifyでおすすめのポップアップ系アプリを紹介します。

Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMS

Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMSは、Shopifyストアにポップアップを表示できる代表的なアプリです。

ポップアップ機能だけでなく、ABテストやメルマガ登録を促せる機能があったりと、マーケティング面でも強いアプリとなってます。

主な機能

Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMSの主な機能として、以下があります。

  • ポップアップの作成と表示
  • ルーレット式のクーポンキャンペーンの実施

メリット・デメリット

メリット
  • 無料プランがある
  • ABテスト機能でポップアップ施策の検証ができる
  • Klaviyo, Bronto, smile.ioなど他アプリと連携可能
  • 口コミ評価が高く実績が豊富

デメリット
  • 設定には英語が必要

プランと料金

以下4種類のプランがあります。

プラン月額料金
FREE無料
PRIVY CONVERT20米ドル
PRIVY EMAIL13米ドル
PRIVY STARTER PLAN30米ドル

有料プランは初回15日間のフリートライアルがあるので、無料で使用感を試すことができます。

Justuno Pop Ups & Conversion

Justuno Pop Ups & Conversionも、ポップアップ系アプリの代表格です。

テンプレートを使用する事で簡単にポップアップの作成が可能となっています。

主な機能

Justuno Pop Ups & Conversionの主な機能として、以下があります。

  • ポップアップの作成と表示
  • 訪問者の分析
  • アップセルやクロスセルの実施

メリット・デメリット

メリット
  • 無料プランがある
  • Klaviyo、WordPressなどと連携可能
  • 口コミ評価が高く、実績が豊富

デメリット
  • 設定には英語が必要
  • ポップアップ作成はテンプレートを使うため、細かなデザインができない

プランと料金

以下4種類のプランがあります。

プラン月額料金
FREE PLAN無料
PRO PLAN 129米ドル
PRO PLAN 249米ドル
PRO PLAN 399米ドル

分析可能な訪問者数に応じて上記の4プランが利用でき、FREE PLANでは上限5,000人、PRO PLAN3では上限50,000人の訪問者の分析ができます。

初回14日間のフリートライアルがあり、期間中は無料で使用感を試せます。

PushOwl Web Push Notification

PushOwl Web Push Notificationは、カゴ落ち対策に特化したポップアップアプリです。

CVR(商品の購入率)を高めたい時に、役立つアプリですね。

主な機能

PushOwl Web Push Notificationの主な機能として、以下があります。

  • カゴ落ち、ストア登録、割引、商品入荷などの通知を顧客に送信
  • 写真付きのポップアップ画面を作成

メリット・デメリット

メリット
  • 無料プランがある
  • カゴ落ち対策の機能が充実
  • 写真付きの魅力的なポップアップを作成可能
  • Stamped.io、 Judge.meなど他アプリと連携可能
  • 口コミ評価が高く、実績豊富

デメリット
  • 設定には英語が必要

プランと料金

以下3種類のプランがあります。

プラン月額料金
BASIC無料
BUISNESS19米ドル
ENTERPRISEカスタマイズにより変動

対応できるインプレッション数に応じてプランが変わる仕組みとなってます。

ENTERPRISEプランはカスタマイズ次第で月額料金が変わる仕組みです(登録にはPushOwl社へのメールが必要)。

基本的にはBASICプランで十分ですが、ストアの規模が大きい場合はBUSINESS以上のプランを検討する必要もあるでしょう。

まとめ

今回は、Shopifyにおけるポップアップ機能活用事例と、おすすめのポップアップ系アプリをまとめました。

ポップアップはクーポンやキャンペーンやカゴ落ち対策のバナーなど、ネットショップ運営で特に重要な情報をダイレクトにユーザーに届けられます

Shopifyではポップアップ系アプリも充実しており、これらを利用することで、新規顧客の獲得や商品の購入率アップに繋げられます。

ぜひこの機会にポップアップ機能を使ってShopifyストアをより良いものにしていきましょう。

もちろん、記事の内容に関するご質問や、ご相談などありましたら可能な限り応じますので、気になった方はお気軽にご相談ください

ABOUT ME
スズコー
個人でEC / Webエンジニア・ディレクターをさせていただいております。

EC / Web業界は10年目。
某有機野菜の食材販売のEC運営会社でWebコーダー兼総務兼なんでも屋 → 某EC / Webシステム開発会社のベトナム開発拠点立ち上げ開発エンジニア・PM → 某東証一部上場EC総合ソリューション企業(自社ECパッケージが中堅企業・大手企業様導入シェアNo.1)でWebディレクターとして数々の大手・中堅企業様の大規模EC / Webサイト構築と、集客・改善支援による売上拡大を経験。

これまで関わったサイト構築・運用案件は、80サイト以上。
その中で、もっとも大きな成果を上げたお客様のPC + スマホの売上高は、2019年時点で600億円以上にまで成長。

現在は、国内で数社しかない某Shopify Plusパートナー会社様や小売事業会社様と一緒に20サイト近くのテーマ開発やアプリ実装、ブランディング等の集客・改善支援に従事。
あるスタートアップ会社様と一緒にエンジニア教育事業開発・運営もしています。