Shopify基本

ShopifyのSEO対策方法とおすすめアプリ【SEOに強いECサイト!】

悩んでる人

ShopifyってSEOに強いECサイトって聞いてたけど本当…?

もしそうだとしたら具体的にどんなところがSEOに強いの…?

ShopifyでできるSEO対策方法知りたい!

+アルファで、おすすめのアプリ・ツールとかあれば知りたいよ!

こんにちは!Shopifyなどのネットショップサイト制作と集客・改善支援をしております、スズコー(@vietl)です。

今回は上記の疑問を解決する記事をまとめてみました。

本記事を読むメリット
  • ShopifyのSEOについて分かる
  • Shopify内できるSEO対策について分かる
  • ShopifyのSEO対策に役立つアプリ・ツールが分かる

結論を先に言うと、ShopifyはSEO対策の内部機能とアプリ・ツールが充実していて、SEOに強いECサイトなんです。

上記についてはこれから深掘りして解説していくので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそもSEOとは?

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味になります。

検索エンジン(Search Engine)とは、

  • Google
  • Yahoo!
  • Bing

といった検索ツールのことです。

検索エンジンにおける最適化(Optimization)とは、あるキーワードで検索された際に自分たちのサイトやメディアの記事をいかに上位に表示させられるかのことを言い、それを目指すための施策をSEO対策と呼びます。

ECサイトプラットフォームのShopifyにおいても、このSEO対策はとても重要です。

特にストアの売上を伸ばすためには、検索エンジンからストアに流入があり、商品が売れる状態であることが望ましいです。

そのためにも、しっかりとしたSEO対策を行うようにしましょう。

以下で、ShopifyでできるSEO対策について詳しく解説していきます。

Shopifyの内部でできるSEO対策

Shopifyは、他のECサイトプラットフォームと比べ、デフォルトで行えるSEO対策機能が充実しています。

大きく分けて

  • ストア全体のSEO対策
  • 商品ページのSEO対策

の2種類があるので、それぞれ解説していきますね。

ストア全体のSEO対策

ストア全体のSEO対策は

  • タイトル
  • メタディスクリプション

の2つがあります。

ストアのタイトル

ストアのタイトルは、SEOでも重要な要素になるので、しっかり吟味して決めてください。

特に、重視するべきポイントは以下です。

  • 何のストアかタイトルだけでも理解できるようにする
  • できるだけ簡潔で覚えやすい名前にする

 

タイトルの設定は、Shopifyの管理画面から「オンラインストア」→「各種設定」と移動し、「タイトルとメタディスクリプション」の項目にある「ホームページタイトル」から行えます。

ストアのメタディスクリプション

メタディスクリプションとは、サイトを簡潔に説明する項目のことです。

検索エンジンではタイトルの下に表示され、検索ユーザーがどんなサイトか調べられるようになっています。

このメタディスクリプションの内容がしっかりしていると、検索ユーザーから興味を持ってもらいやすくなるため、検索結果からクリックしてサイトに来てもらえる確率が高くなります。

メタディスクリプションを決める際のポイントは以下の通りです。

  • ストアの内容を簡潔に分かりやすくまとめる(90字以内が目安)
  • ストアの内容において、ユーザーが検索しそうなキーワードをいれる

検索結果にメタディスクリプションはPCだと140字前後、スマホだと90字前後までしか表示されないので、スマホの仕様に合わせて90字以内に収めるのが無難です。

設定は先ほど解説した「ストアのタイトル」と同じ項目の、「ホームページのメタディスクリプション」から行えます。

商品ページのSEO対策

Shopifyでは、商品ページで個別のSEO対策も可能です。

主に

  • 商品のタイトル
  • 商品の説明(ディスクリプション)
  • 商品ページのURL
  • 画像のalt属性

があるので、以下で詳しく解説しますね。

商品のタイトル

ストアのタイトルと同様に、商品のタイトルもしっかりと吟味して決めましょう。

重要なポイントは以下の通り。

  • 30文字以内に収める
  • 何の商品か分かりやすい名前にする
  • ユーザーが検索しそうなキーワードを入れる

Shopifyでは最大70文字まで対応してますが、検索結果に表示されるのはPCだと28文字前後、スマホだと40文字前後となるので、30文字以内に収めるのが無難です。

商品タイトルの設定は、まずダッシュボードから「オンラインストア」→「ページ」と移動し、その後「検索結果のプレビュー」をクリックすると表示される「ページタイトル」から行えます。

商品の説明(ディスクリプション)

ストアのメタディスクリプションと同様に、商品のディスクリプションも設定できるので、忘れずに行いましょう。

  • 商品内容を簡潔に90文字以内にまとめる
  • ユーザーが検索しそうなキーワードを盛り込む

が重要となります。

こちらは「検索結果のプレビュー」のページタイトルの下にある「説明」の項目から設定が可能です。

商品ページのURL

商品ページのURLを設定する際のポイントは以下の通り。

  • 英語か数字を使用する
  • 商品ページの内容が分かる記述にする

URLは日本語にすると文字化けしてしまうリスクがあるので、基本的に英語か数字を使用するべきです。

また、URLだけで商品ページの内容が分かる記述にすると、ページの検索や管理がしやすくなるので、おすすめですね。

URLの設定は、「検索結果のプレビュー」の「URLとハンドル」から行えます。

画像のalt属性

画像には、alt(オルト)属性も付与するようにしましょう。

検索エンジンは画像をそのまま認識できないので、その画像が何を表すものなのかをalt属性にキーワードを付与して伝える必要があります。

その際、画像の説明を簡潔にまとめた内容にするのがポイントです。

alt属性の付与は、画像挿入時に表示される「画像の代替テキスト(alt属性)」の箇所から行えます。

ブログの活用

また、Shopifyでは標準でブログ機能が備わっており、ブログにコンテンツ(記事)を投下することで検索エンジンからの流入を増やす事ができます。

効果を上げる(上位表示させる)には膨大な記事数が必要なので、すぐに結果は出ませんが、長期的に見れば広告費用をかけずに集客を伸ばす可能性を秘めています。

また、自社の活動や理念を記事にしておくことでストアのファンを増やすこともブログでは可能なので、SEO以外の観点でもブログの活用はおすすめです。

ShopifyのSEO対策で使える外部アプリ・ツール

続いて、ShopifyのSEO対策で使える外部のアプリやツールを紹介します。

先ほど解説したShopify内でできるSEO対策でも十分ですが、以下を活用するとさらなるSEO効果が期待できます。

SEO Maneger

SEO Managerは、高機能なSEO対策向けShopifyアプリです。

できることとしては、以下があります。

SEO Managerの機能例
  • タイトルやディスクリプションの一括変更
  • 構造化データの生成
  • index / no indexの設定
  • エラーやリダイレクトの確認

SEO対策に関わるものはこのアプリ1つに集約されているため、人気の高いアプリです。

月額20米ドルの有料アプリですが、7日間の初回無料トライアルがあります。

Plug in SEO

Plug in SEOも、口コミレビューの高いSEO系アプリです。

機能は以下の通り。

Plug in SEOの機能例
  • 構造化データの生成
  • タイトル・ディスクリプションのテンプレート
  • 多言語対応のSEO対策

こちらはプランが

  • 無料
  • 20米ドル/月

の2種類から選べ、7日間の無料トライアルも付いています。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが無料でサイト運営者向けに提供しているアクセス解析ツールです。

ページビューの回数はもちろん、

  • ユーザーの属性(性別・年齢・地域など)
  • 流入経路(検索エンジン・SNSなど)
  • ユーザーがページに滞在した時間や離脱率

なども詳しく調べることができます。

このGoogleアナリティクスを利用することで「どんなユーザーがサイトを見に来ているか」や、「流入元(チャネル)はどこからか」が分かるので、ストア運営の改善に役立てることが可能です。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールも、Googleが無料で提供している解析ツールです。

こちらは、

  • ページの検索結果での表示回数
  • ページのクリック率(CTR)
  • 検索されたキーワード(クエリ)

などを調べることができ、「ユーザーがどのようなキーワードでページを見に来たか」が分かるようになっています。

流入キーワードを調べることで、よりキーワードの検索意図に添った改善施策(リライトなど)を行うことができるため、SEO対策においては重宝するツールとなります。

まとめ

今回は、ShopifyのSEOについてまとめました。

ShopifyはSEOに強いECサイトプラットフォームであり、SEO対策の内部機能や外部アプリ・ツールが充実しています。

SEOのアルゴリズムはかなり複雑で外部要因も大きいので、「これをすれば確実に上位に表示できる」といったものはありませんが、今回解説したものについては確実に施策を講じておきたい重要なポイントとなります。

本記事を参考に、SEOを強化する事でアクセスが集まるサイトの構築を目指していただければ幸いです。

もちろん、記事の内容に関するご質問や、ご相談などありましたら可能な限り応じますので、気になった方はお気軽にご相談ください

ABOUT ME
スズコー
個人でEC / Webエンジニア・ディレクターをさせていただいております。

EC / Web業界は13年目。
某有機野菜の食材販売のEC運営会社でWebコーダー兼総務兼なんでも屋 → 某EC / Webシステム開発会社のベトナム開発拠点立ち上げ開発エンジニア・PM → 某東証一部上場EC総合ソリューション企業(自社ECパッケージが中堅企業・大手企業様導入シェアNo.1)でWebディレクターとして数々の大手・中堅企業様の大規模EC / Webサイト構築と、集客・改善支援による売上拡大を経験。

これまで関わったサイト構築・運用案件は、80サイト以上。
その中で、もっとも大きな成果を上げたお客様のPC + スマホの売上高は、2019年時点で600億円以上にまで成長。

現在は、国内で数社しかない某Shopify Plusパートナー会社様や小売事業会社様と一緒に20サイト近くのテーマ開発やアプリ実装、ブランディング等の集客・改善支援に従事。
あるスタートアップ会社様と一緒にエンジニア教育事業開発・運営もしています。